Acai Cafe

アサイーと柔術のある暮らし
<< ケン・シャムロック、沖縄に! | main | 2005 PRIDE GPを振り返る アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ編 >>
2005 PRIDE GPを振り返る アンデウソン・シウバ編
アンデウソン・シウバがPRIDE GPに関してブラジルのメディアに語ったところによると、「ヴァンダレイ・シウバは威厳を持って、チャンピオンの座を降りた。」

「彼の身に起こったことは至って当然のことだ。トップの座に長く君臨していた者はいずれ負ける日が来る。今の時点で彼を責めるのはたやすいことだけれど、彼が打ち立てたような総合の記録を作ることはとても難しいことなんだ。」

「ヒカルド・アローナも素晴らしかった。ショーグンに負けたからといって賞賛に値しないわけじゃない。彼は桜庭と(ヴァンダレイ)シウバに勝ったんだ。他の人間が簡単にできるようなことじゃないよ。」 FIGHTSPORT 24-7



Acai Cafe 目次
ブラジリアン柔術、グラップリングのオンラインストア ★Quiet Warriors★
| maria | 総合格闘技 | 03:07 | comments(0) | trackbacks(0) |











このページの先頭へ