Acai Cafe

アサイーと柔術のある暮らし
ライアン・ホールにグレイ・メイナードが激怒
TUFフィナーレでライアン・ホールがグレイ・メイナードと対戦し、ライアン・ホールが判定勝利。

グレイ・メイナードは激怒しております。結果にじゃなくて、ライアンに。

「あんなヤツとは二度と試合したくねぇ!」だと。

レスリングとボクシングを得意とするグレイ・メイナードにとっては、ライアンのあのイマナリ式の戦い方は許せないらしい。

グレイ・メイナードの作戦としては、ケージに詰めてダブルレッグテイクダウン、そこからハーフガードでライアンをテストしてやろうと思っていたらしいのですが、近づくことすらできなかったと。

なぜならライアンは「すぐに寝転ぶか逃げてばかり」と言って怒ってます。

そして「柔術がやりたいんならマットでやれよ」と。

「観客はファイトを見に来てるんだから、こういうことを規制するルールが作られるべきだ」と言っております。

いや、試合楽しかったけど?(笑)

MMAでグランドになるのを望んでる相手、それもグランドはグランドでも下のポジションがOKという相手に対して、レスリング&ボクシングはどう対応していいかわからないか。近づいてもすぐにイマナリになっちゃうんだから。

おかげで柔術家から逆にキックを何度か当てられる始末。

判定結果も30/27、30/27、29/28でジャッジも全員一致。

メイナード君、アンタが作戦負けしただけさ!


全試合はこちら↓




Acai Cafe 目次
ブラジリアン柔術、グラップリング、総合格闘技専門店
| maria | 総合格闘技 | 09:37 | comments(2) | trackbacks(0) |
本日の入荷情報 12/5
Quiet Warriorsオンラインストアより、本日ではございませんが(笑)、入荷情報です。

グレイシー柔術の商品が多数入荷いたしました。

今回は新作冬物パーカー、ハイテクジャケット、ジョガー、そしてTシャツなどがあります。








その他欠品商品も入荷しております。ぜひチェックしてみてくださいね!


Acai Cafe 目次
ブラジリアン柔術、グラップリング、総合格闘技専門店
| maria | Quiet Warriors 商品情報 | 03:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
ヒーロン・グレイシー、今日は35歳の誕生日
去年もこの日に同じことを書いた気がしますが、今日12月1日(アメリカ時間)はヒーロン・グレイシーの誕生日だそうです。

今日で35歳。



グレイシーアカデミーから来ていたメールでは、

「ヒーロンのおかげで、世界中の柔術家たちがプレイフルな哲学に近づくことを学び、それによって彼らの柔術ライフスパンは2倍、または3倍になることでしょう。

ヒーロンが彼のアームバーからの逃げ方を教えてさえくれれば、人類に対する大きな貢献となるのだけど!」

と書いてました(笑)


きっとヒーロンはヘルシーなライフスタイルと思考でとっても長生きしそうだから(笑)、35歳といってもまだ人生の3分の1がやっと過ぎたぐらいなんでしょうね。


↓これも去年リンクを貼った気がしないでもないが、毎年振り返っておこう。最近忘れっぽいから。

ヒーロン・グレイシーの一週間
ヒーロン・グレイシーの生活
ヒーロン・グレイシーの柔術哲学 Part.1
ヒーロン・グレイシーの柔術哲学 Part.2


Acai Cafe 目次
ブラジリアン柔術、グラップリング、総合格闘技専門店
| maria | 柔術 & グラップリング | 07:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
スーパーでショーン・ウィリアムスを見たから、ウィリアムス・ガード
この間オーガニックスーパーの「Whole Foods Market」内のバーで食事していたら、どこかで見たことがあるような人が私の座っていたテーブルの横を通ってトイレに行きました。

しばらくの間誰だったか思い出せず(←老化)、結局思い出したのは、その人が過ぎ去ってから。

今時True Religionの帽子ってどうなのと思ったのと(笑)、ゴツい上半身の人だなぁという感想。

その人とは、ヘンゾ・グレイシーの黒帯、試合のコメンテーターなどでも有名なショーン・ウィリアムスでした。

いやあ、ほんと私服で近くで見るとごつい。柔術家ってギを着てるとゴツさがわからないんですよね。




ということでショーン・ウィリアムスといえば、非力な人に有効なウィリアムス・ガード。

本日はウィリアムス・ガードの動画です。

まずはウィリアムス・ガードの基礎。




そこから相手の出方によって3パターンのサブミッション。

まずはアームバー


トライアングル編


オモプラッタ編


このオモプラッタ、私の好きなMark Mullenさんが、最も成功率の高いサブミッションと言ってました。

それにしても動画を見て、やっぱり解説が上手い人って教えるのもうまいんだなぁと思った次第。


ウィリアムスガードを詳しく知りたい方、続きはDVDで!


ショーン・ウィリアムス Williams Guard ★3枚組教則DVD★


Acai Cafe 目次
ブラジリアン柔術、グラップリング、総合格闘技専門店
| maria | 柔術 & グラップリング | 11:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
友達を柔術好きにさせるための動画4つ
またまた大好きなMark Mullenさんの記事がありました。

_____________________________

柔術中毒人間は、自分の友だちもその中毒症状に巻き込みたいと思っています。

そういう人たちからよく「友達に柔術の興味を持ってもらいたい。柔術がなんであるかを説明するのに柔術の動画を見せたいと思っているのだけど、どの動画がいいでしょうか?」と聞かれます。

そんな彼らへのアドバイスはこうです → 「柔術家じゃない友達にこれらの動画を見せなさい。そうすれば柔術クラスをトライしようと思うでしょう」


●ヒクソン&ホイラー・グレイシーのPride FC 5におけるデモンストレーション

これは私の一番好きな動画で、柔術というアートの美を表現しています。




●公園で女子が男子を柔術でぶちのめす

この動画は女性に!




以下の動画もお忘れなく!

●メンデス兄弟 2014年ヒクソンカップのハイライト




●ホドリゴ・ノゲイラ vs ボブ・サップ PRIDE




_____________________________

ということでした。

そうか、柔術をまったく知らない人にはこういうものを見せなきゃいけないのか。

確かに「柔術家をうならせる技特集」なんかを見せても、知らない人には何もおもしろくないですよね。

ってことで、友達を柔術ワールドに引き込みたい場合は、オタク的動画をいきなり見せないようにしましょう。引かれてしまいます(笑)

とかいう私は、PRIDEでのノゲイラのトライアングルを見て柔術というものにホレたんですけどね(笑)


Acai Cafe 目次
ブラジリアン柔術、グラップリング、総合格闘技専門店
| maria | 柔術 & グラップリング | 01:49 | comments(0) | - |
ジョン・ダナハー「ルールが違えば、戦略も違う」
ゲイリー・トノン、ゴードン・ライアン、エディ・カミングスなどの半端なく強い選手を育てているジョン・ダナハーですが、彼の考え方は日々フェイスブックにアップされているそうです(私ったら、フォローしてないわ!)

名門コロンビア大学の哲学科で修士を取得している頭脳柔術コーチであるジョン・ダナハーは、

「柔術のすべてのスキルが強力であり、柔術自体が健全な方向に発展していくためには、だいたい5つのルール方式が必要だ」

と言っています。

それについての記事がありましたので、ご紹介〜。


さて、そのジョン・ダナハーが言っていることは、一体どういう意味なのでしょうか?



どんな大会でも選手が立てる戦略(と、その結果であるトレーニング方法と集中力)はルールによって決まります。コンプリートな柔術選手になるための完璧なルールというものはありません。

ダナハーが言う「柔術のすべてのスキルが強力」が意味しているのは、コンプリートな柔術スキルはグラップリングのすべての分野を含むべきだということです。つまり、テイクダウン、ポジションの優位、コントロール、そして体のすべての部位のサブミッションです。

ではいくつかのメジャーな大会で、どのような柔術のスキルが好まれ、そしてどのようなスキルが忘れられているか、見ていきましょう。

IBJJFルール/ギの柔術
ポイントシステムであるため、IBJJFルールではガードからのスイープ、パスガード、ポジションの優位性(マウントやフックありのバックで4ポイント)が重要とされます。逆に、飛びつきガードにペナルティがないので、テイクダウンはあまり大事ではありません。また、帯のレベルにもよりますが、多くのレッグロックが禁止されているし、ヒールフックに関しては完全に禁止されているので、レックロックも重要ではありません。

ADCCルール
飛びつきガードにペナルティがあるので、テイクダウンが重要となります。IBJJFよりレッグロックが大きな意味を持ちます。ポイントシステムにおいては、スイープとポジショニングが大事です。

サブミッション・オンリー・ルール
サブミッション・オンリーのルールでは、ポイントがなく、レッグロックは下のポジションから効果的に仕掛けられるため、テイクダウンは重要ではありません。

打撃を考慮する必要もないので、優位なポジションからの戦いというのはまったく重要ではないのです。しかし、これはポジションの優位性ということを無視してしまう悪い癖につながります。

レッグロックが認められているので、相手をテイクダウンしたり、パスガードしたり、上半身へのサブミッションをしたりということとは違い、レッグロックがもっとも極まりやすいサブミッションではないでしょうか。

時間無制限のため、試合はスローなペースになりがちです。

MMAでの柔術
MMAにおける柔術では、打撃を避けるために上のポジションから試合を進めることが大事です。なのでテイクダウンやレスリングがもっとも重要です。打撃がサブミッションと同様大事なので、限られたサブミッションだけが有効です。MMAにおける柔術は、打撃によってレッグロックの効果が激しく制限されるため、サブオンリーの柔術とは大きく違います。

ラウンドの時間が短いので、試合のペースは早いです。



とのことでした。


あれ? 「だいたい5つのルール方式」だったのに、4つしかないぞ? 「だいたい」だから4つでもいいのか?



Acai Cafe 目次
ブラジリアン柔術、グラップリング、総合格闘技専門店
| maria | 柔術 & グラップリング | 10:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
ハレック・グレイシー Bellatorで加藤久輝と対戦決定
以前「どん底のハレック・グレイシー、ついにBellatorと契約」に書きましたが、メタモリスの資金集めの万策が尽きたのか、自分がMMAに出て稼ぐことに。

Bellatorと契約した、とまで書きましたが、ついに対戦相手が決まりました。



対戦相手は、加藤久輝選手!


・・・って私この選手知らなかったんですが(覚えてないだけかも?)、日本人の名前だけどフランス生まれなんですね。

RIZIN.1に出てたらしいので、やっぱり見てるはず。記憶力が・・・


試合は来年1月21日にロサンゼルスで行われます。

今後のハレックが楽しみであります。


Acai Cafe 目次
ブラジリアン柔術、グラップリング、総合格闘技専門店
| maria | 総合格闘技 | 15:42 | comments(6) | trackbacks(0) |
MOYA BRANDの新作柔術衣
Quiet Warriorsより、来週入荷予定の柔術衣のお知らせです。

Moya Brandから新作柔術衣が発売になりました。

まずはREALESTモデル。










そしてBOULEVARDモデル。








写真がありませんでしたが、こちらもギバッグついてます。

相変わらずかっこいいデザインです♪



Acai Cafe 目次
ブラジリアン柔術、グラップリング、総合格闘技専門店
| maria | Quiet Warriors 商品情報 | 02:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
柔術が全然上達しないワケは?
またまたMark Mullenさんの記事です。

「どうして俺は柔術がうまくならないのか?」というトピック。

これは誰でもそうやって悩んだんじゃないでしょうか?

******************************************

私は柔術の生徒たちから定期的に、「自分は全然うまくなっていないのではないか」というフラストレーションを聞きます。

それは時にはタフなロールの後の一時的な自信喪失だったりします。私達はみんな浮き沈みがあり、いつものトレーニングパートナーからやられまくったりすると、自分に対して疑いの念を持つのです。

アカデミーのみんながうまくなっているというのはその通りかもしれません。そうだとしたら、上達が遅い(または上達しない)よくある理由は、次の二つのうちのどちらかです。

つまり定期的に練習していないか、またはトレーニングにおける目的がないかです。




それでは両方を見てみましょう。

まずは「定期的に練習していない」こと。

あなたは限定版のギをたくさん持っているかもしれないし、ツイッターでトップのスター選手をフォローしているかもしれません。しかしクラスが始まる時にマットの上にいないなら、上手くなるはずがありません。

おもしろいのですが、私達は柔術を実際にやっている人と、柔術の事を考えたり話したりしている人を混同することがあります。柔術の事を空想したりフェイスブックのフィードで柔術の動画を見ている人と、アカデミーでギを汗でビショビショにしている人はまったく違うのです。

最初生徒はどうして上達しないのか不思議に思います。しかし何時間クラスを欠席したかわかると、自分は定期的に練習していなかったのだと認めます。

アカデミー以外にすることがあるのは誰でも同じです。柔術が最優先事項でない時期も人生ではあるでしょう。当然理解できます。しかしそれなら柔術が上達しない理由は明らかです。


「トレーニングに目的がないこと」

オッタヴィア・ボーディン(アンソニー・ボーディンの妻で柔術紫帯)が伝説的なダナハー・デス・スクワッドのトレーニングについてインタビューで話していました。

(アンソニー・ボーティンの記事
アンソニー・ボーディン IBJJF大会に出場!
アンソニー・ボーディン NYオープンで優勝!


「ジョン・ダナハーが私にくれたアドバイスの中でもっともよかったのは、柔術の目的を持ち続けなさいということ。

短期的な意味では、動きの目的、すべてのグリップ、すべてのセットアップが明確な目的を持たないといけない。

長期的な意味では、自分のスキルのためのフォーカスしたゴールを常に持つこと。

ただクラスに現れて、練習しているのと同じぐらいの時間を先週のUFCについて話していたりすれば、何かを逃してしまうのは当然。本来ならすばらしく上達できるはずの柔術で、心と体に集中していないのだから。

クラスに行ったら必ず目的を持つこと!」


Acai Cafe 目次
ブラジリアン柔術、グラップリング、総合格闘技専門店

| maria | 柔術 & グラップリング | 09:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
ベルナルド・ファリア 「年長グラップラーに理想的なゲームとは?」
ベルナルド・ファリアが、年取った年長グラップラーのためにいいことを書いていたので、紹介したいと思います。

ちなみに「old」という言葉は英語ではあまりいいように使われないのですが、「older」ならOK。「old people」は失礼極まりないですが、「older people」はOK。ベルナルド・ファリアは両方の単語を使っているのですが、ここではすべて「年長」と訳しておきます)




去年行ったセミナーでのこと。

参加者の一人が私にこう言いました。

「ベルナルド、私はあなたのゲームが好きなんです。あなたのゲームは私のような歳の人間にはすごくいいんですよ」

その人は40代に見えました。

そして彼は、Zガード、ハーフガード、ディープハーフなどを使って若い人の動きをスローダウンさせることができ、そこからスイープし、その後はプレッシャーパスを使って再度その若い相手をスローダウンさせることができると言いました。

それゆえ、若い相手にカウンターをするのはとても有利なことなのだと。

私は今までそのことについて考えたことはありませんでしたが、そう言われてから考えてみました。

年長のグラップラーにとって私のゲームがいいというのは、相手をただ単にスローダウンさせるからなのか?

私は自分のゲーム全体を見返し、彼が言ったことが本当にそうなのか、相手をスローダウンさせる以外にも何かあるのではないかと考えてみました。

自分がどのようにゲームをセットアップするかをブレークダウンして分析してみると、見えてくるものがありました。

私がトップにいるときのスタイルは、プレッシャーパス、オーバーアンダー、オーバーアンダーブラザーなどを使ってパスするスタイルです。これは年齢を重ねているグラップラーにはベストなゲームです。30代40代になってスピードやカーディオは衰えていきますが、反対に「オールドマンの力」を身につけているからです。

その力はオーバーアンダーパスやプレッシャーパスのスタイルに適合します。

これらのパスは、パスが成功するためにスピーディである必要も、カーディオが必要というわけでもありません。

必要なのはコントロールです。ゆっくり忍耐強く、少しずつ動きます。まさに年長グラップラーが望むスタイルです。

パスをするのに立つ必要もほとんどないし、片方のサイドから反対サイドへジャンプすることもないし、膝立ちをしたままでいることもない。相手をホールドしてコントロールする方法を見つけるだけです。


次に、私はボトムポジションにいるときのことを考えてみました。

私のスタイルは下のポジションでも年を取ったグラップラーに使えるのか?と。

これについても、私のスタイルは年長グラップラーにマッチするとの結論になりました。

歳をとると柔軟性がなくなってくるので、スパイダーガードが困難になります。

バタフライガードも素早いグリップの取り合いやグリップなしの状況に対応するために、スピードがかなり要求されます。

デラヒーバやベリンボロについては言うまでもないでしょう。年長の選手は背中や肩や首に怪我を抱えているので、体の上下が逆になる動きなどありえません。そんなことをしようとは最初から思ってもいないのです。

ハーフガードは年長グラップラーに最適です。

ハーフガードはとてもゆっくりできます。相手の片足をロックし、相手のスピードを落とさせます。そこからテクニックを使っていけばいいのです。

↓この動画をご覧ください。




ハーフガードは怪我をしている人にとってもいいポジションです。実際ゴルドがハーフガードを発明したのは、そのような理由からだったのですから。ゴルドはどのタイプのガードもできず、ハーフガードだけができたのです。年長グラップラーは人生の長い時間をマットの上で過ごしていたり、他のスポーツなどで怪我をしているから、ハーフガードが理想的なポジションとなります。


もうひとつ、私のゲームが年長グラップラーにとって特別なのは、私のサブミッションのほとんどがリスキーなものではないからです。

私は今いるいいポジションを失うかもしれないような大きなリスクを冒してまで、サブミッションに行きません。

例えばサイドコントロールにいたとして、そこから下のポジションになるかもしれないようなリスクを冒してまでアームバーに行かないのです。ポジションを失い、すべてを最初から始めなければならないなんて。

私が好きなサブミッションは、たとえそのサブミッションが極まらなくても、そのままサイドポジションにいれるようなものです。ですからオーバーアンダーパスからのニーバーやサイドからのスカーフチョークが大好きなのです。

ニーバーを逃しても、私はオーバーアンダーパスのポジションにいます。スカーフチョークを逃してもノースサウスポジションの上にいられます。

これがサブミッションに行くときの私のスタイルです。素早く爆発的な動きのあるサブミッションではなく、ゆっくりでしっかりコントロールしたサブミッションに行きます。


偶然かもしれませんが、私にメッセージを送って来る人の多くは、私のゲームが好きで、私のスタイル(プレッシャーパスとハーフガード)を使って試合で勝てたと言います。多くはマスターの部です。

下のビデオでは私の最も好きなパスであるオーバーアンダーパス、ハーフガードからのスイープのハイライトが見られます。


あなたがもし年長グラップラーなら、このゲームを使ってみることをお勧めします。

あなたが若いグラップラーでもやはりやってみることをお勧めします。というのも私は16歳からこのゲームをしてきたからです。

このスタイルが年長グラップラーのスタイルにマッチするのはラッキーな偶然で、彼らの手助けになれることをうれしく思っています。

あなたもいつか「年長グラップラー」と呼ばれるようになるのですよ。


下の動画では「オーバーアンダーブラザー」というテクニックを教えています。オーバーアンダーパスのバリエーションです。



********************************

ということでした。

若い頃のスピードやカーディオなどに頼らず、年を取ってきても若い人に対抗できるものを身につけることが大切なんですね。

ベルナルド・ファリアの技術は、だんだん体力が衰えてきて今までのように動けなくなってきたアナタ(笑)にとって希望の光!

彼はあれだけ優勝を重ねたりしているのに、なんというか派手な動きなどがないからいまいち私は興味が持てなかったのですが(失礼!)、こういうことだったんですね。


ベルナルド・ファリアはDVDもいくつか出しているので、興味のある方はぜひ!

ベルナルド・ファリア The Closed Guard ★教則DVD4枚組★
ベルナルド・ファリア High Percentage Submissions ★教則DVD4枚組★
ベルナルド・ファリア The Pressure Passing Encyclopedia ★教則DVD4枚組★
ベルナルド・ファリア Escapes From Anywhere ★教則DVD4枚組★
ベルナルド・ファリア The Faria Guard ★教則DVD2枚組★
ベルナルド・ファリア The Z-Guard ★教則DVD2枚組★






Acai Cafe 目次
ブラジリアン柔術、グラップリング、総合格闘技専門店
| maria | 柔術 & グラップリング | 07:52 | comments(0) | trackbacks(0) |


このページの先頭へ