Acai Cafe

アサイーと柔術のある暮らし
グレイシー柔術のウィンドブレーカーがカッコいい!

今週末か来週明けぐらいにQuiet Warriorsオンラインストア入荷予定のグレイシー柔術ウィンドブレーカー

ほんの少しのさりげないロゴ入りというシンプルなデザインでめちゃくちゃカッコいいです。

何にでも合うし、超軽量なので持ち運びにも便利。

Tシャツでちょっと肌寒いという時に羽織るのに最適です。

 

前面のロゴはもちろん、背面の「GRACIE JIU JITSU」の小さな文字がこれまたカッコいい♪

★★【グレイシー柔術】超軽量ウィンドブレーカー (黒)

 

Acai Cafe 目次

ブラジリアン柔術、グラップリング、総合格闘技専門店

| maria | Quiet Warriors 商品情報 | 23:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
トム・デブラス vs フランク・ミアのグラップリング試合が実現するか!?

ゲイリー・トノンなどの師匠として有名なトム・デブラスですが、自身も現役のグラップラー。

そのトム・デブラスがフランク・ミアの2年間出場停止のニュースを受け、グラップリング試合の相手に指名しました!

フランク・ミアはUFC Fight Night 85(オーストラリア開催)の際、ドラッグテストでテストステロンが検出されたのですが、それは 「レストランで食べたカンガルーの肉が原因」 と、おもしろい言い訳をしていました。(参照:ドーピング検査にひっかかったらこんな言い訳してみよう

が、つい最近USADAから2年間の出場停止を言い渡されました(といっても出場停止期間は2016年4月8日からなので、あと1年)

それを知ったトム・デブラスはセス・ダニエルス(Fight to Win大会主催者)に向けてこんなメッセージを。

「セス、今夏フランク・ミアとニュージャージーでやってもいいぜ! ヤツがカンガルーの肉食べたいならそれもあり!」

フランク・ミアは230ポンド(約105kg)という巨大な体ですが、グラップリングはとてもテクニカル。大きいのに「スモールマン柔術」をすると言われています。

スモールマン柔術とはつまりとてもテクニカルであり、パワーに頼らないスタイル。

そしてスモールマンはガードを重視する傾向にあり、パスガードよりもスイープが得意というタイプ。

この二人のマッチアップが実現すれば、話題性もばっちり。かなりエキサイティングな試合が見れそうです!

Acai Cafe 目次

ブラジリアン柔術、グラップリング、総合格闘技専門店

| maria | 柔術 & グラップリング | 01:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
ロンダ・ラウジー婚約!

本日のビッグニュースはこれ!

ロンダ・ラウジーが彼氏のトラヴィス・ブラウンと婚約したそうです!

二人してUFCのファイターというビッグカップルの婚約。ニュージーランド旅行中に結婚することを決めたそうです。

結婚式の予定などはまだ何も決まってないそうですが、そんなに大きなことをする予定はないみたいで、「食べるものがあって祝福してくれる人がいたらそれでいい」みたいな、幸せいっぱい感満載です(笑)

二人の関係がオフィシャルになったのは2015年10月。1年半の付き合いですが、たった1年半で「long time boyfriend」と言われるのかーと、妙なところで関心してしまいました。

いずれにしてもめでたい、めでたい!

Acai Cafe 目次

ブラジリアン柔術、グラップリング、総合格闘技専門店

| maria | 総合格闘技 | 08:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
グリップが強いということは、つまり・・・?

「ロールどうだった?」 「いやあ、アイツのグリップ半端ない!」

こういう会話、よくありますよね。

「力が強かった」という感想も多いですが、「グリップが強い」というのもよくあるパターン。

まあ、つまりは「相手の力/グリップに対して自分は何もできなかった」ということなんですが、「相手は技術があるわけではなく力/グリップが強いだけで、技術的に自分が劣っているわけではない」とも言いたいわけです(笑)

それはさておき、「グリップが強い」ということについて、トニー・パセンスキーが前にこんなことを書いていました。

 

_____________________

「アイツのグリップがめちゃめちゃ強かった!」 この意味するところは何でしょうか?

これはつまり、相手のサイドコントロールがグリップに頼っていて、体重をきちんと乗せていない、ということです。

もしグリップを片方放したとしたら、もう何もありません。

これはつまり恐れることは何もないということです。 相手のガードはグリップに頼っているため、私は自分のバランスやサブミッションを防ぐことを気にしなくてもいいわけです。

気をつけてください。あなたのゲームで、コントロールの際にグリップが強いということは、つまり何かが足りないということなのです。

 

Acai Cafe 目次

ブラジリアン柔術、グラップリング、総合格闘技専門店

| maria | 柔術 & グラップリング | 00:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
韓国開催のUFCを当局が調査中!

2015年に韓国で行われたUFCで、韓国人選手がアメリカ人選手相手に八百長で負けることに合意していたということで、韓国では現在警察が介入して調査が行われているようです。

A選手は1億ウォン(約88000ドル、ということは1000万円近く?)を受け取ること、そして5000万ウォン(約500万円)を相手選手に賭けることに合意。

しかし突然賭けのオッズが変わったので、試合当日UFC側が選手に警告。

そのA選手の試合にはすでに大金が投入されていましたが、反響を恐れたA選手は合意を翻し、普通に試合することにしたそうな。

結局選手Aは試合に勝ったため、試合後おびただしい数の脅迫を受けたそうです。

それによってA選手は身の危険を感じ警察に通報。そこで八百長を認めたと。

そこから調査が開始。現在その八百長に関わったすべての人を調査中だそうです。

元々の記事では選手の名前は特定されていませんでしたが、バン・テヒョンではないかとのこと。

その理由は、その大会では多くの韓国人選手が出場していたが、バン・テヒョンだけが判定で勝利した男性選手であるということ。他の選手はすべてTKO勝利。

他のソースでは、「34歳の地元選手が八百長」とあったそうで、その年齢なのはバン・テヒョンだけということ。

他にも多くのメディアがバン・テヒョンを使用していたり、テレビでは明らかにバン・テヒョンだとわかる選手にモザイクをかけていたり・・・が、映っているジムはバン・テヒョン所属のコリアン・トップチームだったり・・・

賭けのオッズが突然変わったというのは、たった1〜2時間のうちに相手選手に突然大金がかけられていたそうで、特に有名でもない選手なのにその動きはどう見ても怪しすぎだったそうです。そりゃそうだ。

 

でもびっくりなのは、こんなスキャンダラスなニュースなのに、世の反応が「韓国だしね」とか「ワールドカップ/オリンピックでもやるからね」とかいうだけ!

Acai Cafe 目次

ブラジリアン柔術、グラップリング、総合格闘技専門店

| maria | 総合格闘技 | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
格上の相手にロールをお願いするのはマナー違反か?

どのスクールでも話題になるこのトピック・・・

「自分よりも上の帯の人にどのようにロールをお願いするべきなのか? そもそも下の帯から誘ってもいいのかどうか?」

これは日本とアメリカとブラジルとは状況が違う気がします。

ブラジルはわかりませんが、アメリカより日本のほうが上下関係がやっぱり厳しいので、上の帯を誘いにくいのではないかと思うのですが、どうでしょう?

この話題についてベルナルド・ファリアが書いていました。

________________________

 

この話題に関してはスクールごとに違い、下の帯から上の帯を誘うのは禁止というスクールもあります。

マルセロ(ガウッシア)のアカデミーでは下の帯が私をロールに誘ってもかまいません。みんなが一緒にロールするべきだと思っています。それが柔術だから。

だから私は誰から誘われてもロールするようにしてます。

しかし下の帯から上の帯を誘うときの誘い方というものがあると思います。

下の帯が丁寧にリスペクトの心を持って誘うなら、それは問題ありません。

そして上の帯が下の帯からの誘いを断ることもまたOKだと思います。たとえそれが丁寧な誘いであっても。

例えば、私は試合に向けて猛練習しているとします。

そんな時に青帯がロールに誘ってきたら、私は丁寧に断るでしょう。ただ自分が今試合に向けて準備していて、黒帯とロールするようにしているのだということをきちんと伝えます。そしてまた別の日にロールしようと言います。

エゴも必要ないし、みんな同じです。もちろん帯の違いはありますが、みんなロールや練習して楽しみたいのだし、下の帯が私を練習に誘ったのなら、喜んでロールします。

しかし嫌なこともあります。

それは下の帯が私に対して挑戦するようなかんじの時です。

ロールに誘っているのではなく、試合か何かのように私と対戦しようとしているのです。

そういう時、上の帯が下の帯に対して、その人が無礼だと伝えてもいいと思います。私のほうが帯が上なんだから、私がロールしたいと思えばその時に呼ぶ、と。

ニューヨークのマルセロのアカデミーは、世界中から訪問者がいます。

彼らからロールに誘われることはたくさんありますが、それに対して嬉しく思います。彼らはニューヨークまでわざわざ訪ねてきているので、私は彼らに会って一緒に練習するのを楽しんでいます。

ということで、上の帯の人を誘う際の秘訣です。

1.丁寧にリスペクトの心を持って。相手はあなたよりも上の帯です。

2.挑戦しないように。これは練習であって試合ではありません。

3.上の帯の人があなたの丁寧な誘いを断ったら、それは何か理由があると思ってください。上の帯の人は試合に向けて準備中で、茶帯や黒帯としか練習したくないのかもしれません。 .

4.もしあなたが上の帯を丁寧に誘っているのに相手が怒ったのなら、それはあなたのせいではなく、相手の問題です。

________________________

ということで、下の帯から丁寧に上の帯を誘うのなら何の問題もなし。

ただベルナルド・ファリアも言ってるように、挑戦してくる人は嫌ですね。ガンガンに来られて怪我させられたくもないし・・・

ただシャイで自分から上の帯に声をかけられない人もいると思うとので(アメリカにはあんまりいないけど、笑)、上の帯の人がきちんと気を回して下の帯を誘ってあげてほしいですね。

相手からタップを奪うことではなく、お互いが上達するためにやるのがロール!

 

ベルナルド・ファリア The Battle Tested Half-Guard ★教則DVD4枚組★

 

Acai Cafe 目次

ブラジリアン柔術、グラップリング、総合格闘技専門店

| maria | 柔術 & グラップリング | 15:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
UFCはマリファナ解禁になるか?

2015年、ニック・ディアスがマリファナ陽性で5年間の出場停止と16万5千ドルの罰金を喰らいました。

それについてはいろんな選手が意義を唱え、その時のスター選手だったロンダ・ラウジーまでもがはっきりとそのおかしさについて発表したため、大きな話題となりました。

そもそもマリファナとは、ステロイドなどと違ってパフォーマンスを向上させるドラッグではないため、競技とは何の関係もありません。禁止なのは政治的理由のため。

ニック・ディアスは2007年と2012年に大麻で引っかかってその罰になったわけですが、後に罰金は10万ドルに減額、出場停止期間も5年から18ヶ月になりました。

しかしまだ支払いを終わっていないため、18ヶ月の期間が過ぎたのに出場できていません。

ちなみに今まで大麻で選手が失格となった競技は以下だそうです。

パラリンピック・スレッドホッケー

パラ・アルペン・スキー

パラリンピック陸上 ウォーターポロ

ハンドボール団体

卓球

「卓球だって? マリファナが不公平なアドバンテージをピンポンに与えるわけ? ワオ、大麻は本当にすごいに違いない!」と元記事を書いたライターさんは茶化してます(笑)

それにパラリンピック、つまり障害のある選手が大麻を使用できないというのはちょっと理解に苦しみます(←そこらへんは日本の感覚とかなり違うと思います)

UFCではつい最近のUFC Fight Night 104でも3人の選手がマリファナ陽性で、罰金1000ドル、90日の出場停止になったばかり(これはUSADAではなく会場となったテキサス州からとのこと。ややこしい)

現在ネバダ州は大麻が医療目的だけでなく嗜好目的でも解禁されています。

ネバダはもちろん、こちらカリフォルニアも嗜好目的での大麻使用が合法になっているので、今後全米でその方向に向かうでしょう。

全米で解禁になった場合、スポーツでの大麻使用のルールがどのように変わっていくのか、今後注目です。

 

ちなみに弟のネイト・ディアスは、去年のUFC202でコナー・マクレガーと試合前の記者会見でボトルを投げ合い、二人共罰金を食らっていましたが、それを不服としたコナー・マクレガーが訴えて認められ、コナー・マクレガーは、

罰金15万ドル→2万5千ドル

コミュニティ・サービス50時間→25時間

それに伴い、ネイト・ディアスも

罰金5万ドル→1万5千ドル

コミュニティ・サービス50時間→15時間

となりました。

 

Acai Cafe 目次

ブラジリアン柔術、グラップリング、総合格闘技専門店

| maria | 総合格闘技 | 00:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
クローリン・グレイシーの赤白帯授与式に立ち会える豪華柔術キャンプ

6月にブラジルのフロリアナポリスで行われる柔術キャンプに参加してみませんか?

講師陣はレジェンド揃い!

クローリン・グレイシー

ヒーガン・マチャド

デミアン・マイア

ヘンゾ・グレイシー

キャンプ終了後には講師陣のサインが入った終了書が授与されます。

このキャンプがすごいのは、ただの柔術キャンプ&ビーチリゾートでバケーションだけではなく、なんと、 クローリン・グレイシーの赤白帯昇格セレモニーがある!

つまりキャンプ参加者は、その歴史的瞬間に立ち会えるというわけなのです。

赤白帯ですよ! それに立ち会えるのなんてすごいことですよね。

キャンプではみんなで練習するだけではなく、講師と一対一のプライベートトレーニングもあり。

そして限定版のTHE CAMP 2017柔術衣とTシャツがもらえます。

スケジュールは以下のようになっているそうです。

6月3日 フロリアナポリスに到着

7PM 歓迎レセプション

8PM 夕食

6月4日〜9日

7:30AM−9AM 朝食

9AM−11AM トレーニング

11:30AM−1PM 昼食

1−3PM 自由時間/アクティビティ

3−5PM トレーニング

5:30PM−6:30PM ハッピーアワー

8:30PM−10PM 夕食

宿泊する部屋によって料金が異なり、 4人部屋だったら$1097(最初の15人のみ) 通常料金は$2000。

または$182.83の6回払い。

シングルルームだったら$2197(こちらも最初の15人のみ) 通常料金は$3000。

または$ 366.16の6回払い。

家族旅行にして、お父さんだけ柔術やるってのもアリで、子供用のデイケアもあるそうです。

食事付き。

申し込み、詳細はこちらから↓

https://riganmachadostore.com/pages/the-camp-2017

Acai Cafe 目次

ブラジリアン柔術、グラップリング、総合格闘技専門店

| maria | 柔術 & グラップリング | 00:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
SNSでシェアされまくってる12歳の新星柔術家アキラ

昨日からSNSで柔術家達にシェアされまくってるこの動画。

いろんな大会で優勝しまくってる12歳の女子だそう。

名前は「アキラ」。

見た目は女子なのに名前はアキラで、何よりもみんながあまりにシェアしてるもんだから、子供のトランスジェンダー柔術家とかそういう感じなのかとワタクシ思ってしまいました(汗)

違った、違った。

「アキラ」という名前はPowerpull Girlsからつけられたらしいです。

9歳から柔術を始めたそうで現在週6日トレーニング。

10th Planet所属だけあって(?)、初めての試合では男子相手にアキレスで一本勝ちしたそうな。

12歳なのに言ってることがすごいです。

「小さい人でもテクニックがあれば大きい人を倒せる」というのは誰でも言うことですが、12歳なのに、

 

「柔術が私に教えてくれたことで最も大切なことは、『謙虚さ』と『自制心』」

 

だと!

「柔術をやることで穏やかな人間になれる。自分をどうやって守るか知ってるから、自分に自信が持てる。」 だそうです。

スバラシイ。相当歳上ですが、彼女を見習いたいと思います(笑)

が、「『男はすべての面において女より上だ』って言ってる男子がいて、私はその子に私と戦うかって言ったんだけど、彼は私を避け続けてるのよね。今は私にリスペクトを持ってくれてるのか、何も言わなくなったけど」とかいう話はやっぱり子供らしくて安心しました(笑)

あと数年したら話題沸騰かもしれませんね。

その頃でも、さすが10th Planet!という格好のままでいてほしい(笑)

 

Acai Cafe 目次

ブラジリアン柔術、グラップリング、総合格闘技専門店

| maria | 柔術 & グラップリング | 00:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
アリスター・オーフレイムが柔術青帯に

K-1やDreamでおなじみだったアリスター・オーフレイムが柔術青帯になったそうです。

ヴァレンチ兄弟の帯だそうな。

アリスター・オーフレイムの戦績は42勝15敗。42勝のうち19勝はサブミッション勝利なんだとか。

あの筋肉でKOのイメージしかなかったので、全然知らなかった!

↓これはビトー・ベウフォートからギロチン勝利した試合

いやあ、IBJJFの大会なんかで青帯部門にこんな人が出ていたら怖すぎます。

というか、青帯が似合わなさすぎます(笑)

それを言うならギも似合わなさすぎます。

やっぱりアリスター・オーフレイムのイメージはこれ↓

ステロイド全盛期(?)の写真ですね。僧帽筋男。

Acai Cafe 目次

ブラジリアン柔術、グラップリング、総合格闘技専門店

| maria | 柔術 & グラップリング | 23:57 | comments(2) | trackbacks(0) |


このページの先頭へ